-最新情報・お知らせ-

トップページ > 最新情報・お知らせ
最新情報・お知らせ
最新情報・お知らせ
優しい歓迎

湯西川温泉郷付近で車をとめてみたら・・
絶景のすぐそばに、藤の花が咲いていましたよ~
湯西川に藤の花は本当にたくさんあります。
現在は右を見ても藤、左を見ても藤状態です。
個人的にこの淡い紫色が大好きです。
世界でも絶賛されている日本の藤の花。
今年の開花は観測史上最も早いそうです。
花言葉は「優しさ」「歓迎」。
この季節にお越しのお客様は藤の花の優しい歓迎をお楽しみくださいね。

他写真は外部リンクよりご参照くださいませ。
この写真、どこで撮ったものかわかりますか?

この写真、どこで撮ったものかわかりますか?
先日ご紹介したお蕎麦屋さん、ほそいさんからの眺めです。
https://ameblo.jp/heikenosho/entry-12375958621.html
水が少なくて干からびてしまってるのが残念ですが、
五十里湖を一望することができます。
そして店内にもラムネを湧き水で冷やしたり、囲炉裏が置かれてあったり、
お食事処でもこういった雰囲気作りに尽力なされているお店って好感が持てます。
お料理に雰囲気を添える心意気。
店主さんの努力です。
リピーターが非常に多いのも納得。
当館からも車で20分。
道中にお立ち寄りいただいてもいいかもしれませんね♪

他写真は外部リンクをご参照くださいませ。


湯西川温泉駅から近くの、湖畔亭 ほそい さん

日光市の北部、会津に抜ける国道121号の旧道沿いの店。
五十里湖(いかりこ)の湖畔です。それで湖畔亭。
みより蕎麦街道振興会加盟店。
店内な昔懐かしなイメージ♪
メニューはこちら。
蕎麦や山菜が中心ですが、なぜか焼肉定食もある、肉好きに嬉しいお店です。
お蕎麦は風味豊かで喉越しもよく、レベルはかなり高いかと思われます。
麺は細めかな?
それで店名の「ほそい」につながっているのかどうかは不明です(笑)
人気店でお昼は混みますから時間に余裕をもっておでかけくださいね!

他写真は外部リンクよりご参照くださいませ。
赤ツツジが満開ですよ~!!!

狸さん着用、ピンク帽子が大きくなりました~(笑)
咲き始めは
https://ameblo.jp/heikenosho/entry-12373372056.html
こんな感じでした♪
気のせいか頬がほんのり染まっているような・・・
ツツジでお花見して飲みすぎたかしら?
この隣には白ツツジがおります。
ちょっと満開日がずれてしまうので、紅白そろった姿をおみせできないのが残念です。
白ももうすぐご案内できますからね!

他写真は外部リンクよりご参照くださいませ。
どうだんつつじ

ドウダンツツジが咲きました!
初夏を感じさせる枝系の植物。
店舗のインテリアとしても人気があるので目にしたことのある方も多いかと。
小さな白い提灯をぶら下げているようでかわいらしいですよね♪
すずらんに似てますが違いますからご注意を!
今の季節は白い花を咲かせ、鮮やかな緑と共に涼しさを演出してくれます。
これはこれで魅力的ですが、紅葉期にはこの緑の葉がオレンジから赤に変わり、
燃えるような深紅に染まり、それは見事な光景に。
季節によって多面性をみせてくれる珍しい植物ですよ。

他写真は外部リンクよりご参照くださいませ。
ボケの花が綺麗です。

愛らしくてこじんまりした控えめな花。
ボケという名に相応しくない綺麗な色の花びら。
名前と容姿がものすごく不釣合いなような気がするのは私だけではないはず。
もっといい名前をつけてあげてもよかったのでは・・・と同情してしまいます。
由来を調べてみると、
「和名の「木瓜(ボケ)」は、果実が瓜(ウリ)に似ていることから、
木になる瓜で「木瓜(もけ)」と呼ばれ、その後「ぼけ」に転訛したともいわれます。」
とのこと。
一般的にいうボケという意味とは違うようで一安心。
かと思いきや、花言葉は「平凡」「早熟」「先駆者」(笑)
いい意味と、ものすごく・・・これまた残念な言葉が・・・
因みに
「花言葉の「平凡」は、ボケが低木で小さい庭に向いていることにちなむといわれます。」
だそうで・・・
ちょっと慰めになったような気がします(笑)

他写真は外部リンクをご参照くださいませ。
塩でお蕎麦を食べます!

昨日の記事をご覧になっていない方は先にご覧ください。

https://ameblo.jp/heikenosho/entry-12374360455.html

古代村さんのお蕎麦♪
一番の特徴は「塩」をかけていただくこと。
お蕎麦に塩なんて聞いたことがありません。
癖になります、美味しいですよ~
「笑ってこらえて」の第一村人だった店主さん。
お話好きでトークでお客様を盛り上げてくれます。
深山の地に有名人だらけのサイン色紙。
30分かけてでも行く価値のある古代村さんです!

他写真は外部リンクよりご参照くださいませ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 [13] 14 15 16 17 18 19 20
空室状況一覧を見る
予約確認・キャンセル
ご予約・プラン一覧
フォトギャラリー
ダックツアー
記念日のケーキに想いを込めて